【2022】遊撃手は誰?阪神開幕スタメンを大胆予想!

阪神関連

今回はスタメン予想、内野守備の花形である遊撃手編です。
他ポジションのスタメン予想は以下記事でまとめています。

  • 過去記事:スタメン予想 一塁手編

球春到来も間近。阪神タイガースの選手は春季キャンプに向けて自主トレに励んでいます。
一方で怪我の様子もチラホラと報じられており、どの選手がスタメンを奪取するのか注目されている状態です。

2022年3月25日京セラドーム大阪にて開幕する阪神タイガースのペナントレース。
今年の開幕スタメンを大胆予想していきたいと思います!

今回は遊撃手のスタメンが誰になるのか見ていきましょう。

昨シーズンのスタメンは?

まずは2021年のスタメンを振り返ってみましょう。

1番(中)近本光司
2番(二)糸原健斗
3番(一)マルテ
4番(三)大山悠輔
5番(左)サンズ
6番(右)佐藤輝明
7番(捕)梅野隆太郎
8番(遊)木浪聖也
9番(投)藤浪晋太郎

遊撃手はルーキーイヤーの2019年から3年連続で木浪選手が開幕スタメンの座を掴みました。
開幕戦で3打数0安打と結果が出ず、巨人から移籍した山本泰寛選手ドラ6新人の中野拓夢選手の台頭により遊撃手争いは激化。

最終的には走攻守で活躍を見せた中野選手が正ショートを獲得したシーズンとなりました。

管理人
管理人

木浪選手としては92試合の出場にとどまり悔しいシーズンになりましたね。
中野選手は新人らしからぬ活躍で盗塁王に輝き、新人特別賞を伊藤将選手・佐藤輝選手と同時受賞するなど球界を沸かせてくれました。

昨シーズンの遊撃手での出場選手は?

ではシーズン通して遊撃手として出場した選手は誰がいたのでしょう?
出場試合数や失策数などを見ていきたいと思います。

以下、遊撃手での出場試合数順に並べた昨シーズンの成績表です。

試合(全)打率安打本塁打打点盗塁試合(ショート)失策( ショート )守備率( ショート )
中野135.2731271363012417.970
木浪92.227271150254.947
山本69.1868032172.939
小幡43.2616003501.00
北條33.20010160101.00
※太字は最高

遊撃手としての出場は中野選手の124試合がトップの試合数でした。セ・リーグ盗塁王、新人特別賞受賞、オールスターゲーム選出などドラフト6位ながら素晴らしい活躍を見せてくれたシーズンでしたね。

では遊撃手として出場した各選手について、遊撃手に求められる資質である打撃面・守備面の2点で昨シーズンの成績を比較してみましょう。

昨年成績考察:打撃面

打撃面ですが安打数・打率・本塁打数・打点・盗塁数において中野選手がトップの数字を収めています。
遊撃手はその守備負担の大きさから他ポジションほどの打撃での活躍が難しいポジションですが、中野選手はシーズン通して活躍してくれた印象がありますね。
出塁率は.321でチーム5位の数字です(規定打席到達者)。

木浪選手は27安打と入団以来最低の数字となってしまいました。シーズン序盤の不調&中野選手の台頭で出場機会が減ってしまったことが大きな要因でしたね。
機会さえあればもう少し数字は残せたように感じます。

北條選手は交流戦での打撃が好調だっただけにケガに悔やまれるシーズンでしたね。
2試合連続でのタイムリーヒットは今でも印象に残っています。
シーズンオフに手術を行った北條選手、開幕戦に間に合うかは不透明ですが今シーズンの復活を期待したいです。

「チャンスで回ってこい!」爆発!阪神北條史也デー!昇格即決勝タイムリー - プロ野球 : 日刊スポーツ
これが矢野阪神の底力だ。「日本生命セ・パ交流戦」で、阪神北條史也内野手(26)が決勝打を含む2打席連続タイムリーで勝利に貢献した。左足首の負傷から1軍に復帰し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

昨年成績考察:守備面

続いて守備面を見ていきます。失策数0となった選手は小幡選手、北條選手の2名でした。ただ2名とも出場試合数が10試合未満ですので、評価が難しいところです。

失策数トップは中野選手の17個でした。
得失点差への寄与の基準として用いられる「wRAA (Weighted Runs Above Average)」については中野選手は-10.9とマイナスになりセ・リーグ規定打席到達者の中では2番目に低い数字でした。
失策数の多さが打撃での貢献以上に影響していたと言う結果になっています。
とは言えあくまで指標の一つ。明らかに中野選手の活躍でチームが勝利した試合も多くありました。
またシーズン中には守備面での改善も見られ、後半ではわずか4失策でした。

守備面でいうと小幡選手に注目したいところです。
ファームでの試合出場がメインだったものの、守備力には定評のある小幡選手。
また守備だけでなく、ピッチャーにも積極的に声掛けしている姿が個人的には印象に残っています。
そういった面でもチーム貢献も評価したいところです。

阪神OBである赤星憲広氏も小幡選手の遊撃手としての守備は高く評価していました。

【赤星解説】とら年にブレイク期待の虎選手|日テレNEWS24
野球解説者で元阪神タイガースの赤星憲広さんは、とら年の来年、ブレイクが期待される阪神の選手に小幡竜平選手(21)を挙げました。26日の『Going!Sports&News』で、守備力の高さを称賛しました。

2022年遊撃手スタメンを予想

では、今シーズンの遊撃手開幕スタメンは誰になるのか予想していきましょう。
各選手の近況を交えながらスタメン候補(大本命、対抗馬、大穴)について解説していきます。

◎大本命:中野拓夢(25)

昨シーズン盗塁王を獲得した中野選手が筆頭候補といって間違いないでしょう。
よく言われる「2年目のジンクス」を乗り越えてくれるかが大きなカギ。

なにより、秋季練習で故障したという残念なニュースも報じられています。

2月の春季キャンプは2軍スタートが濃厚とみられており、開幕戦に調整が間に合うか見通しが立たない状態です。

俊足が持ち味ですので、怪我を押しての出場では良さを発揮できないでしょうから万全な状態で一軍に帰ってきてほしいところです。

〇対抗馬:木浪聖也(27)

昨年まで3年連続で開幕スタメンを張っていた木浪選手が最も有力な対抗馬でしょう。
打撃面・守備面の両面での不安定さをどれだけ改善できるかが大きなポイント。
春季キャンプで首脳陣にアピールできれば、コンディション不良の中野選手に代わってスタメン奪取も十分視野に入ってきます。

また木浪選手は内野のどのポジションも守れる、いわゆる「便利屋」としての一面もあります。
遊撃手としての出場機会が減っても、打撃さえ好調であれば他ポジションで出場も期待できます。

△大穴:小幡竜平(21)

高卒4年目となる小幡選手を大穴として選出させていただきました。
前述の通り、小幡選手の持ち味は何といってもプロも認める一流の守備力。
肩の強さはまさに遊撃手にうってつけです。

そのため、打撃力の改善が春季キャンプでの大きなポイントとなります。

また昨年末には二塁手として出場機会を増やしていく趣旨の報道もありましたが、中野選手の動向が見えない状態であることやチーム随一の肩力をもっていることから、個人的には遊撃手のスタメンを目指してほしいところです。

近本打法でセカンド奪取!阪神小幡竜平「お尻から下ろす」新フォーム着手 - プロ野球 : 日刊スポーツ
近本打法でセカンド奪取! 阪神小幡竜平が新フォームに着手した。今季リーグ最多安打を記録した近本をほうふつとさせる打法で、「右足は上げてからゆっくり、そっと着く… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

また昨年のフェニックスリーグでも打撃好調だった点もポジティブ要素の一つです。
中野選手の不調に関係なく、活躍が見たい選手です。

管理人
管理人

中野選手は二塁手も守れることを考えると、中野-小幡の二遊間を近い将来みたいですね。
あの中日アライバを彷彿とさせる鉄壁の守備が出来れば・・・!

さいごに

今回は2022年開幕スタメン予想について紹介しました。

内野守備の花形であり、守備負担の大きい遊撃手。
他ポジションとの兼ね合いもありますが、基本的には中野選手の開幕スタメンが基本路線と考えられます。
ただ前述の通りコンディション不良で幸先が不安な状態・・・。

またシーズン始まってから不測の事態も十分あり得るため、木浪選手や小幡選手の活躍はチーム全体で重要になってきます。
春季キャンプやオープン戦の結果次第で形勢は当然変わってくると思いますので、今後も見逃せません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました